過去大会概要

キャッチフレーズ サブキャッチ

「世界のウチナーンチュがやってきた!!」「カチャーシーで、心はひとつ」

開催年月

平成2年(1990年)8月23日(木)~26日(日)

参加者数

海外:約2,400人
入場者:47万人

開催場所

沖縄コンベンションセンター、宜野湾市立体育館 他

開催の目的等

「世界のウチナーンチュネットワーク」の構築
 世界に雄飛し、活躍しているウチナーンチュは沖縄の貴重な人的資源である。これらの財産を経済、文化、学術等の各分野において、本県を要として結びつけ、有機的に機能させるためのネットワークを確立する。

大会成果

ウチナー民間大使制度の発足

キャッチフレーズ サブキャッチ

「海を越え、言葉を超えて」
Now is the time for we Uchinanchu to work together for a deeper understanding

開催年月

平成7年(1995年)11月16日(木)~19日(日)

参加者数

海外:約3,400人
入場者:52万人

開催場所

沖縄コンベンションセンター、宜野湾市立体育館 他

開催の目的等

 世界各地に在住するウチナーンチュ等、本県との関係者を全世界的なネットワークで結び、経済、芸能等の各分野において、人的・物的交流を促進、さらに一層強力に進展させ、双方の社会・経済の発展や活性化に資するとともに、我が国の「南における国際交流拠点の形成」を目指す。

大会成果

WUB(ワールドウチナーンチュビジネスアソシエーション)の設立

キャッチフレーズ サブキャッチ

「未来-ちゅら夢 心にのせて」

開催年月

平成13年(2001年)11月1日(木)~4日(日)
※平成12年度に沖縄サミットがあったため開催年度をずらした

参加者数

海外:約4,000人
入場者:27万人

開催場所

沖縄コンベンションセンター、宜野湾市立体育館 他

開催の目的等

 世界各地で活躍するウチナーンチュを中心とする人的ネットワークを拡大発展させ、「世界の架け橋」を構築し、経済等あらゆる分野にわたる持続的な交流を促進し、相互の発展と活性化に寄与するとともに、新たな世紀を迎え、本県が国際交流の拠点として飛躍することを目指す。

大会成果

ジュニアスタディーツアーの発足

キャッチフレーズ サブキャッチ

「ひろがるチムグクル つなげるチムチュラサ」

開催年月

平成18年(2006年)10月12日(木)~15日(日)

参加者数

海外:約4,400人
入場者:32万人

開催場所

沖縄コンベンションセンター、宜野湾市立体育館 他

開催の目的等

 移住者世代の功績を踏まえ、ウチナーネットワークを担う次世代の育成を図る大会とし、世界に広がるウチナーネットワークの継承さらなる深化・拡充を目指す。

大会成果

ホストファミリーバンク(海邦養秀ネットワーク構築事業)の発足

キャッチフレーズ サブキャッチ

「ちゅら島の 魂響け 未来まで」

開催年月

平成23年(2011年)10月13日(木)~16日(日)

参加者数

海外:約5,300人
入場者:42万人

開催場所

沖縄セルラースタジアム那覇、沖縄コンベンションセンター 他

開催の目的等

 ウチナーネットワークを持続的に発展させるとともに、世界に向けた新たなネットワークの展開を目指し、「沖縄21世紀ビジョン」に謳われる「世界に開かれた交流と共生の島」の実現に資する。

大会成果

式典への県民参加。WYUA(世界若者ウチナーンチュ事務局)の発足

キャッチフレーズ サブキャッチ

「ウチナーの 躍動・感動 世界へ響け」

開催年月

平成28年(2016年)10月27日(木)~30日(日)

参加者数

海外:約7,400人
入場者:43万人

開催場所

沖縄セルラースタジアム那覇、那覇エリア 奥武山運動公園 他

開催の目的等

 ウチナーネットワークを持続的に継承、発展させるとともに、沖縄独自のソフトパワーを国内外に発信し、その魅力と可能性を活用していく沖縄の未来を切り開いていく。

大会成果

「世界のウチナーンチュの日」制定
「第5回世界若者ウチナーンチュ大会」開催