大会概要

「世界のウチナーンチュ大会」とは

沖縄県は、全国でも有数の移民を送り出した県でありその歴史は1世紀を超えます。先人達は海を越え、遠く離れた国で新天地を開拓し、懸命な努力によって困難を乗り越えてきました。各地で生活基盤を築き、異文化社会の中でしっかりと根を下ろしながら、沖縄独自の伝統文化やアイデンティティーを脈々と受け継いできました。前回大会の時点では、世界各国に約42万人の県系人がいると推計されています。

「世界のウチナーンチュ大会」は、沖縄県の貴重な人的財産である世界各地の県系人の功績を称えるとともに、県民との交流を通してウチナーネットワークを拡大・発展させ、さらに母県である沖縄に集い、そのルーツやアイデンティティーを確認し次世代へ継承していくことを目的としています。

同大会は沖縄県や関係機関で組織される世界のウチナーンチュ大会実行委員会が主催し、1990年(平成2年)の第1回大会から概ね5年に1度のペースで開催しており、これまでに6回開催されています。

「第7回世界のウチナーンチュ大会」の概要

「第7回世界のウチナーンチュ大会」は、第7回世界のウチナーンチュ大会実行委員会の主催で実施されます。その実行委員会は、県をはじめとした行政機関及び経済、金融、マスコミ、国際交流、文化等の幅広い民間団体から141名で構成され、2020年(令和2年)9月に発足しました。

また、実行委員会の立ち上げと同時に、沖縄県文化観光スポーツ部交流推進課内に実行委員会事務局が設置されました。

その実行委員会にて、「第7回世界のウチナーンチュ大会」は、2022年度(令和4年度)の開催を正式決定しました。

開催日程については、2021年4月開催見込みの第7回世界のウチナーンチュ大会実行委員会にて決定予定です。

また、大会が開催される2022年は沖縄県が日本復帰50周年の節目の年を迎えるため、そのことを大会参加者と県民が分かち合えるイベントを検討する予定です。